FC2ブログ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あのときのMUT$U


3月11日14時46分
国内史上最大M9.0
東日本大震災


あれから一週間
短いようでとても長い一週間



11日、その時MUT$Uはアルバイト中で
15時から小休憩やったけん
もぅ少しゃな-
と思いながら業務をしとった


まず停電
えっ何
と思ったら
グラグラと揺れはじめ
ぁ-地震やん
と思いよるうちに
揺れが増し
軽い悲鳴をあげる人
走って建物から出ていく人が出てきた


上の方が
「皆さん机の下にもぐってください!」
と言うと一斉に皆、机の下へ


ただ一人
MUT$Uの目の前におるおじいちゃんが
潜らない
そうか
年配の方は膝が悪い方が多いけん
机の下にもぐるんも辛いし
反射能力も衰えてしまっとんよね


急いでおじいちゃんとこ行って
下に潜れるよう誘導


おさまってからもポカンとしとるけん
「大丈夫ですか、具合悪くなってないですか」
何度聞いてもうなずくだけで声が出んおじいちゃん
何が起きたか信じられんかったんかも


その隣におった主婦の方
「私、今ぁの衝立て壊して逃げようかと思ったの」
「命の方が大事なんで壊していいですよ」
「出口まではどの道が一番近いの」
「衝立てなんで簡単にずらせるし真っ直ぐ突っ切ってください」
「あなた私より細いから私の後ろついてきていいわよ」
「頼もしいです」
「怖かったからあなたと話して安心したわ」


…そうよね
怖いときって知らん人でも何でも周りにすがりたくなる
MUT$Uも貴女が話しかけてくれて
平常心になれました ありがとう


それからアルバイト一同集合し
作業中断して帰宅することに


といっても
交通ストップゃしバス激込み
帰宅するのも一苦労
仕事場周辺も勿論停電
(あとでその区全部って知った)
近くの信号機も消えてしまっとったけん
小学生ぶりくらいに手をあげて横断したょ


家周辺も揺れたケド
停電にはなってなかったけん良かった


仕事場で
「東北で地震だって!」
と聞いとったものの
家帰ってテレビつけて呆然


地震による被害だけやなく
津波による被害
呑み込まれた町


思い出すのは
阪神淡路大震災


ただそれからMUT$Uも成長したけんなんか
同じときに揺れたけんなんか
その時よりも
ショックが強くて
ただただ言葉にするんが難しい感情やった


それから一週間もたてば
普通の生活に戻るんかなぁ
と思っとったけど
原発のこと、計画停電の実施から物資の不足まで…
ひとつの天災で
たくさん考えることがあった


暗い話題だけでもいかんけん
明るい話をしてみても
心の中では
「こんなときにフザけた話してしまって…」
と自分で自分に罪悪感をもってしまったりもした


でも
やっぱり
被災者でない自分達が
被災地を救えることもできるんやと思う


それが何かっていうのは
人によって違っていい


MUT$Uに今できることを精一杯やりたいと思う
日々の生活・時間を大切にすごしたいと思う

















被災地のみなさまにとって
私のちいさな力が幾重にも重なり
支援につながることを祈って…
スポンサーサイト

| お気の召す儘に*改めホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://okinomesuaratame.blog114.fc2.com/tb.php/392-c3d53a6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。